HTMLファイルを作成するには

簡単なH T M Lを入力する

H T M L のしくみを説明する前に、まずは一番単 純な形の H T M L を記述してみましょう。先頭行 に htmlと入力し、 2行目にはブラウザに 表示させたい文章、ここではこんにちは と入 力します最後には </htmlと入力しま す。これだけで、ブラウザに「こんにちは」と 表示することができるのです。

保存する場所を指定する

H T M L を記述した文書のファイルを本書では HTMLファイルと呼ぶことにします。 HTML ファイルを保存するには、まず[ ファイル] メ ニューから名前を付けて保存を選択すると、 [名前を付けて保存] ダイアログボックスが表示されます。ホームページ作成用に専用のフォル ダを作成しておくとあとの作業がやりやすくな ります。フォルダの場所はデスクトップがわか りやすいでしょう。[ 名前を付けて保存] ダイアログボックス上部の保存する場所に[ デスク トップ] を指定し、[ フォルダの参照] ボタン をクリックします。

新しいフォルダを作成する

フォルダの中身が表示されます。フォルダ内の 何もないところで右クリックして、表示され るメニューから[ 新規作成] →[ フォルダ] を選 択します。

TextEditの場合は、[ ファイル] メニューから [ 別名で保存] を選択すると、[ 別名で保存] ダイ アログボックスが表示されます。[ 場所] に[ デ スクトップ]を指定して[新規フォルダ]ボタン をクリックするとデスクトップに新しいフォ ルダを作成できます。ホームページ作成には、HTMLのコーディングが必要です。きちんとしたホームページ作成をしたいのであればWEB制作会社に依頼すべきです。おすすめのWEB制作会社をご紹介します。