信頼性と検索結果

検索エンジンの上位に表示されることは、多くの集客を集めるだけではなく、皆さんの運営されるウェブサイトへの信頼感も高めてくれているようです。検索結果の上位に表示されることで、たくさんのユーザーたちが、皆さんのサイト城を訪れるかもしれませんが、そこには上位に表示されることで、信頼感が置けるという形で、訪問数を増やしてもいるようです。逆に検索エンジンで上位に表示されない Web サイトなどに関しては、信頼感が薄いのではないかなどといったような、信頼度の低さを示すユーザー達は少なくないようです。検索エンジンの上位に表示されることによって、皆さんの Web サイトのコンテンツ内容の価値などが、左右されてくるのですが、そこには信頼感もともなっているといったような付加価値もあるようです。WEBサイトの信頼性は、何よりも多くの集客をもたらす要素でもありますので、その重要性をきちんと把握した上での運営を行っていきたいものです。

SEO対策「リンク」の役割

「Webサイト」が、Web情報として皆さんの目に触れる為には、情報の関連付けを行う「リンク」が必要となってきます。「Web」自体は、この「リンク」が無い限りは、存在自体がないものとみなされてしまうのです。「Webサイト」を関連付ける、「リンク」について詳しくみていきましょう。「リンク」についての知識を得る事は、SEO対策とっては、必要不可欠なSEOの基礎知識を築く事となります。「Web」を「Web」として、インターネット上に存在させているものが、「リンク」の役割になります。「リンク」には、【外部リンク】と【内部リンク】があります。【外部リンク】・・・アウトバンドリンクなどとも呼ばれ、外部のWebサイトとの繋がりをもたらします。SEO対策の中では、この外部リンクの存在数が多ければ多いほど有利になると考えられてきました。現在では、外部リンクの数の問題よりも、リンクされる外部Webサイトの「質」が重要視されています。外部サイトコンテンツの「質」がSEO対策を左右するのだと、外部サイトコンテンツの内容の詳細部までが、問われるような時代の流れが押し寄せてきているようです。【内部リンク】・・・インバウンドリンクなどとも呼ばれています。的確な内部リンク設計を行う事が、SEO対策には重要だと考えられています。検索エンジンにおけるクローラの巡回は、この内部リンクをたどって情報を読み取っているからです。内部リンクが、クローラの巡回が読み取り易い設計に構築される事で、検索エンジンが正しく理解し、正しく読み取れるサイト運営に繋がっていきます。

URLを正規化する

過去のSEOでは、質の悪いページであっても、より多くのページで構成されているサイトが検索結果の上位に上がるといったこともあったようですが、現在ではそのようなことはなく、検索エンジンが巡回したうえで、重複コンテンツなどで構成されるページはインデックスから消されてしまうといったケースもあるようです。しかし、ページを更新していくごとに、類似コンテンツというのは知らず知らずのうちに増えていくものとも言えるでしょう。一体どのようなパターンが重複コンテンツとして違反扱いされてしまうのか、把握しておくことも重要なSEO対策と言えるでしょう。例を挙げるとすれば、URLの先頭にある<www.>や、URLの末尾にある<index.html>といったものの有無などにより、そのURLが正規化されているかどうかによっても評価が変わってくると言えるでしょう。そのため、正規化されていない場合、意図しない重複が発生してしまうというパターンが挙げられるでしょう。URLは正しく正規化を行い、重複コンテンツとしてみなされないよう気を付けていくべきでしょう。

Illstratorの版下を保持する

版下の発注よりも先に、激安で印刷できるWebサイトを探してください。
なぜなら、印刷を依頼する際に行うデータ入稿は、そのWebサイトによって微妙に異なることがあるからです。
したがって、まず先に印刷を依頼するWebサイトを決め、そこのデータ入稿の仕様を確認する。
それから、版下の依頼を行うのがスムーズな順番になります。

発注する印刷会社が決まれば、データ入稿の仕様も決まるので、あとはそれに合わせた仕様でデザインを発注します。
版下のデザイン自体が成果物として納品されるので、そのIllustratorのデータさえあれば、追加で印刷する際にも使え、無駄なコストはかからなくなります。
このように、「版下」と「紙代 + 印刷代」の発注をふたつに分けて行うことによって、Illustratorのデータをあなた自身が保持することになるので、先々のランニングコストを抑えることも可能になるのです。
Illustratorのソフトをすでに所有していて、なおかつ特殊なフォントを使っていないデータであれば、会社が移転した際の電話番号や住所、商品やサービスの価格改定があった場合の打ち替えなども社内で行えるので、細かい修正などに予算を使う必要がないというメリッ卜もあります。

印刷コストを抑える方法

これまでダイレクトメールや、パンフレットを作る際に、すべてを印刷会社に任せていませんでしたか?
この場合、印制するための版下(元データ)のデザイン費用に加え、紙代、印刷代が上乗せされるので、最終的には結構なお値段になってしまいます。
そこで印刷コストを抑えるために、「版下」と「紙代+印刷代」の発注をふたつに分けるという方法があります。Web制作を依頼した会社で紙媒体のデザインができるデザイナーがいる場合は、ついでに発注することもできるし、紙媒体のデザインを安く請け負ってくれるデザイン会社を検索してみるのもよいでしょう。
Web制作会社に紙媒体のデザインを依頼する場合に注意してもらいたいのは、紙媒体のデザイン経験が豊富なテザイナーか、もしくは印刷会社で修行した経験を持つデザイナーでなければ、発注は見送ってください。
なぜなら、 Webサイトのデザインができても紙媒体のデザインができるとは限らないし、逆もまたしかりなのです。
Webが上、紙が上というような問題ではなく、両方とも専門分野として確立しているのです。

改善と修正を続けていく

検索キーワードを決めて、webサイトを最適化するのは、一回の作業で終わるものではありません。SEOでも改善と修正は必要な作業です。
対策を行った検索キーワードで調べたときに、あなたのwebサイトが何位に表示されているのかという確認はもちろんのこと、上位表示したことによっ て、商品の販売数は増えたのか、顧客は増えたのか、問い合わせ件数は増えたのかといったことも確認しましょう。

もし、あなたのwebサイトが検索結果で1千回以上、表示されているのに、クリックされた数が10回だとしたら、検索している人にとって、あなたのwebページが「見たい」と思えるものではない、求めているものではないと認識されている可能性があります。
その大きな要因がwebページのタイトルや説明文です。webページのタイトルが魅力的ではない、検索している人にとって「自分とは関係ない」と思われてしまうと、どれだけ検索結果に表示されていても、webページを見には来てくれません。
そうなるとせっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことになるので、ページタイトルやページの説明文の手直しを行うことが必要になります。
あるいは、検索している人の検索意図と、表示されているwebページが合っていない可能性もあります。
場合によっては、選んだ検索キーワードそのものを修正した方がよいかもしれませんし、ほかの検索キーワードを追加していった方がよいかもしれません。
このような改善をしていくためにも、検索結果で、あなたのwebサイトがどれくらい表示されているのか、そして、どれくらい選ばれているのか(クリックされているのか)を把握する必要があります。

WordPressがSEOに強い理由

WordPressは、簡単に、 且つ効果的にGoogleウェブマスターツール の5つの指標を改善できる機能を備えています。だからこそ、 SEOに強いのです。

○ウェブサイトを持つ目的

 まずは、ウェブサイトを持つ目的について考えてみましょう。あなたのウェブサイトは、誰の為に、何の為に存在するのでしょうか? この間いに明確な答えがあれば、目標キーワードの選定やコンテンツは一貫したものとなり、ユーザーにとって有益なウェブサイトになるはずです。目的を明確にすることは、SEOの結果に繋がっていきます。

 目的が不明瞭な状態でSEOのプランを練っても、どこかで歪が発生してしまうでしょう。ウェブサイトのリ二ューアルのタイミングは、よい機会です。ウェブサイ トを持つ目的を、今一度定義してみて下さい。

WordPressSEOの手法

WordPressを選ぶことは、とても良い選択です。なぜなら、WordPressは、SEOの手法の80%90%に対応しているからです。WordPressSEOの手法に対応しているとは、一体どの様な手法を指しているのでしょうか。 帰納と演鐸を用いて仮説立てすると以下を導くことができます。

「検索上位を獲得するためには、目標キーワードがGoogleウェブマスターツールの5つの指標で認識され、高く評価されていなければならない」

 この仮説から、WordPressGoogleウェブマスターツールの5つの指標を、簡単に、効果的に改善できる機能を備えているからこそ、WordPressSEOに強いと考えられます。

 よって、検索上位を獲得するためにGoogleウェブマスターツールの5つの指標を、KPI(Key Performance Indicator)として設定し、そのKPIWordPressで簡単に、効果的に改善できる手法があります。

客観的にチェックしてみよう

様々なテクニックを使って、これでバッチリキーワードを検索エンジンに伝えられた、と思っていても、実際はあまり効果的に配置されていないこともあります。そこで、記事を投稿したら、その記事がどのようなキーワードで強調されているのか、客観的に確認する必要があります。
特に確認したいのが、キーワードの出現頻度です。一般的に、上位表示させたいキーワードの出現頻度は5%にするのが上位表示に効果的とされています。ただ、キ ーワードによって異なるので、ここは試行錯誤をしながら、自分のブログにあった割合を自分で探すしかありません。
ここで注意したいのが、いくら検索エンジンにキーワードを伝えたいからといって、キーワ ー ドの出現頻度が高ければいいとは限らないということです。
例えば、以下のように、タイトルに何度も同じキー ワードを使った
り、箇条書きにしたりして、記事の前半部分にも何度も使えば、上位
表示するので しょうか?

・タイトル

アフィリエイト、アフィリエイト、アフィリエイト

・本文

アフィリエイト、アフィリエイト

・アフィリエイト

・アフィリエイト

・アフィリエイト

極端な例ですが、もちろん、このようなブログは上位表示されません。上記のように過度にキーワードを使っている場合は、逆にスパムとして認定されて、上位表示しなくなるだけではなく、最悪、検索結果に出なくなることもあります。
したがって、キーワードの出現頻度が高くなりすぎることにも注意しましょう。

削除すべき被リンク

ペナルティを受けてしまったら、これまでの内部対策を行っても解除されない場 合は被リンクを疑ってみてください。
一般的には被リンクがスパムになることはないといわれています。既に述べたように、もし被リンクによってスパムになるようであれば、これはライパルサイトを
蹴落とす手段に使われてしまいます。 確かにそのようなことが一般化してしまうと、検索エンジンにとって問題なだけ ではなく、社会問題にまでなることでしょう。 しかし、筆者はあり得ると考えています。 検索エンジン側では「ない」といい続けるべきですが、現実として被リンクを削除することによって順位が上昇したケースが何度もありました。 特lこ被リンクがたくさんついているにも関わらず、上位表示しない場合は疑って みた方がいいでしょう。数にしてだいたい1 ,000 以上の場合、質の低い被リンクが多く付き過ぎている可能性があります。

削除する対象は、自社サイト内リンク、中小検索エンジン登録、有料リンクなど になります。 相互リンクはよほど粗悪なものでない限り、削除する対象から外した方がいいで、
しよう。なぜなら、勝手に削除するのはマナ 違反ですし、何より相互リンクで集 めた被リンクがスパムになるとは考えにくいからです。
逆に、被リンクがスパムになり得ると考えられるケースは次の通りです。

・中小検索エンジンからがほとんど

・サブ.ページ(トップページ以外)からがほとんど

・同じドメインのサブドメインサイトからがほとんど

さらに

・外国語サイトからがほとんど
・サイドメニューから、またはフッターからがほとんど ・ 1つのサイトの多量のページからがほとんど ・同様のHTMLのサイトからがほとんど

といった場合も危険になってくると考えられます。

まとめの効果

ある程度文字が多いコンテンツの場合、最後にまとめを作ることは、ユーザーの理解を深めることにとても効果的です。パソコンのモニターで、文字を追っているユーザーは、意外なほど内容を理解していません。読んでいるというよりは、眺めているという状態に近く、結局何が書いてあったのか覚えていないことが多くあります。

このようなコンテンツのはじめには、「このページでは00を解説する」ということを記載します。これから解説する内容の重要なポイントを箇条書きにしておいてもよいでしょう。

解説が終わったら、もう1度内容のまとめを記載します。「OOについて解説した」「重要なポイントはO O」など、簡潔にまとめます。まとめがあるとユーザーが内容を理解する手助けができます。