SEOを内製か外注か?

SEO(検索エンジン最適化)に初めて取り組む時、社内でやった方がいいのか、外注した方がいいのか迷うものです。社内でやる場合は、適当な人材がいるかどうか、という大きな問題があります。

一方、外注に出す場合、依頼範囲の検討などいろいろ考慮しなければいけないことが出てきます。先に外注する場合のアドバイス。SEOを目的にしたサービスにも各種あるため、まずはサービス内容の理解が必要です。これを怠ると、思った成果が上がらないばかりか、場合によっては自社“ブランド”を傷つけてしまうことも起こり得るので注意が必要です。

理解に先立って、検索エンジンの日本でのシェアNO.1のGoogleから公表されている“SEOガイドライン”を良く把握しておくことも大切です。SEOが注目され始めた頃、一部業者による強引な勧誘や不正操作によるSEOサービス全体の信用失墜行為により、Googleガイドラインの違反行為については、検索結果の表示順位に影響を与え、場合によっては検索結果から削除されることもあったようです。次に社内で取り組む場合はどうでしょう。

SEOガイドラインの把握は同様必要として、大規模なWebサイトのリニューアル時には、SEOを考慮したさまざまな調査やWebサイト構造の見直しなど考えられ、専門のコンサルティング会社に相談するのも手です。利用者数の多い大規模サイトであれば、Webサイト構造に関する小さな改良でも、大きな効果が期待できるからです。規模の小さなWebサイトの場合は、 コンテンツの品質重視の運用面の対策をコツコツ行ったほうが効果的かもしれません。コンテンツを作成するためには、その分野における専門知識が必要となり、文章を書くだけでもそれなりの手間がかかります。それでも、コンテンツ作成は、なるべく自社で行った方がいいでしょう。なぜなら、ユーザーに役立つ記事を作成するとなると、その分野の専門家を擁する自社チームで、密度の濃い内容をまとめる方が色々な面で優位です。例えば、ライバルとの差別化、自社の優位点、等々外部の業者に任せてできるものではありません。

と言っても、文章を書くことに慣れていない人には抵抗があるでしょうから、そこはSEOサービスの中に、コンテンツの作り方や考え方、SEOへの取り組み方に関してトレーニングを提供してくれたり、 コンサルティングを行ってくれたりする企業もありますので、上手に利用してみては如何でしょうか。内製は、最初は大変ですが、そこで培われたノウハウはきっと将来役立つことでしょう。

ニコニコ動画について

国内においては「ニコニコ生放送」 の存在も忘れてはならないだろう。 これは名前の通り、 動画共有サービス「ニコニコ動画」を展開しているニワンゴが提供するストリーミング放送 サービスである。 こちらはニコニコ動画のプレミアム会員 に登録していないと利用できないサービスだが、情報発信に積極的な若年層の利用が多いことから人気が急速に高まり、ユース トリームとは異なる層の利用者を獲得。実況中継だけでなく、ニコニコ動画内の動画 をリクエスト放送するなど、独特のストリーミング文化を持つに至っている。 こうしたサービスで提供される動画は 生放送であり、かつ一般人が配信してい ることから、その内容が定まっていないことが少なくない。それゆえ何が放送されるのか全く予想がつかず、タイトルやタグが付いていたとしても、それと全く異なる内容の放送をしていることだってあります。 ユーストリームやニコニコ生放送にはストリーミング放送したデータを保存する仕組みも用意されており、後から確認することも可能だ。だが全ての人が必ずしも放送した動画を残すとは限らず、テレビのように放送時しか情報を見ることができないと いうケースも多く存在している。

枠線の色を変える

枠線の色は border-color プロパティで指定します 。 色の指定については colorプロパティ、 background-colorプロパティなどと同じです。 サンプルでは border-style プロパティを dashed に指定した枠線の色を青色にしています。なお、枠線の色を特に指定しない場合は、 colorプロパティと同じ色になります。

1つの要素について、上下左右の枠線のそれぞれに別の色を設定するこができます。 border-colorプロパティに値を 1 つだけ設定すると、上下左右の枠線の色がみな同じになりますが、値を2つ、3つ、4つの場合でそれぞれ異なる設定ができます。値を4つ列挙 (それぞれの値の問は半角スペースを空ける) すると、先頭から順に上、右、下、左の色のスタイルを指定します。値を3つ列挙した場合は、上、左右、下、 2 つ列挙した場合は上下、左右の色の設定になります。

キーワードの強さ

もし10位以内にランクインできたとしても、検索エンジンのアルゴリズムの変化、強敵出現などによる激しい順位変化というのは覚悟しておかなければならないでしょう。 逆に、検索の際にあまり使用されないようなキーワードは「スモールキーワード」と呼ばれ、検索結果への表示数も少なく、ライバルもあまりいないことがほとんどでしょう。これは、3語以上の複合されたキーワードでも当てはまるようで、検索エンジンのキーワードツールなどでは、月間検索回数が10回に満たないようなキーワードの事を指しているようです。スモールキーワードというのは、その需要が非常に少ないというのが特徴と言えますが、ビッグキーワードと複合してキーワード検索するといった場合、その成約率は高くなることが多く、検索需要が少ない場合でも安定して売上につなげていけるというのも特徴ではないでしょうか。この場合、ライバルが少ないこともあり、一度上位にランクインすることが出来れば、安定して順位をキープしていける可能性が高いというメリッ卜もあるでしょう。”

本質的検索意図を探る

Webサイトのコンテンツ作りに、検索利用ユーザーの検索クエリ(検索欄に入力される言葉群)から本質的検索意図を探ることが大切と言われています。本質的検索意図を想定したコンテンツ作りができれば、SEO(検索エンジン最適化)対策になるとともに最終的にコンバージョン率向上に貢献できるというものです。本質的な意図によっては、全体のWebページは膨大な量になるかもしれませんが、コアとなる部分をしっかり掴んでいれば完成されたコンテンツも有効なものとなるでしょう。このような時に参考となる手法として「マインドマップ」という発想法があります。これは頭の中でイメージされたことを実際ノート等に書き表すことで、ぼんやりしていた全体像が少しずつハッキリしてくるというものです。具体例を挙げて説明していきましょう。例えば「記憶力向上」をテーマとして考えてみます。Google広告のキーワードプランナーで一緒に検索されているキーワードとして挙げられるものに、「記憶力を上げるには」「トレーニング」「食べ物」「サプリ」などが挙げられています。また共起語(関連した言葉)についてもツールなどを使用して調べていくと、「方法」「勉強」「計画」「食品」「音楽」「習慣」「定着」「DHA」「ルテイン」「チョコレート」などが登場してきます。以上挙げられた各言葉をテーマ「記憶力」を中心にして、その周辺に「トレーニング」や「食べ物」と言ったキーワードを配し、更にその配下に共起語で調べた言葉を配していきます。「記憶力を上げるには」では「方法」が結びつき、「トレーニング」に「勉強」「計画」「音楽」「定着」、「食べ物」には「DHA」「チョコレート」、「サプリ」には「DHA」「ルテイン」、と入れていった後、それぞれまた関連しそうな言葉同志をつなげていくことで、次第にネットワーク図のような視覚化された構成図が出来上がっていきます。このような階層的かつネットワーク化された図を改めて見ていくことで、あるテーマに関連した項目が効率的かつ漏れの無い形で視覚的に確認できるため、コンテンツ作りに有効と言われるようになっていったものと思います。

忘れがちな愛用者へのレスポンス

皆さんが、何かネット通販などで、商品を購入して、定期便なのにした場合、何割かの割引を受けることができるサービスがありますよね。このようなサービスは、既存のお客様へのサービスとなり、大変有効なサービスであるようです。ネットビジネスなどの中では 、SEO などの集客ばかりが目立ってしまい、新規お客様の獲得のために膨大な広告コストを費やすのですが、既存のお客様に対してのリピート購入に対しては、なんのサービスも付加しなかったというような場合、お客様が、少しずつ逃げていってしまうといったようなケースもあるようです。逃げていってしまうというのは、他のライバルサイトの商品に、浮気をしてしまうというようなことも考えられます。既存のお客様に対して、例えば、定期便などの形で、ご契約を頂ければそ、の価格の何割かを割引いたしますというのは、既存のお客様への感謝の気持ちを込めたサービスを行うことになります。実際に、様々な事業を運営してみると、新規のお客様獲得ばかりに気持ちが焦ってしまい、既存のお客様を大切にする気持ちを忘れがちになってしまいます。例えば、お誕生日月などには、お客様へのサービスカードを送ると同時に、プレゼントを送付してみたりすることで、お客様は大切にされているというようなレスポンスを受け取ることができるのです。新規のお客様の獲得も、大切ですが、何よりも現在、皆さんの商品を愛用してくださっている既存のお客様へのサービスや感謝のメッセージを忘れずにレスポンスしていきましょう。

人手不足の背景

アメリカやヨーロッパなどの諸外国では、今までBPOの対象であったような業務などを中心としてRPAが普及してきたようです。BPOというのは、業務のプロセス自体を、その道の専門企業などに外部委託してしまうことを指しているようです。しかし、外注先の人件費を管理することはできない他、最悪なことに、高騰してしまったことにより、BPOの一番のメリットとも言われていた「コスト削減」という効果が得られなくなってきたことが導入の背景にはあるのではないでしょうか。また、人の仕事に対して、サポーター的な存在として代行してくれると言われる「bot」というように、業務の自動化や、プログラミングの効率化など、RPAの前身とも言えるようなソフトウェアロボットなどが頻繁に見られるようになっていたという時代背景も後押しになったと言えるでしょう。RPAがもっとも注目されている要因の1つとして、ズバリ「人手不足」というものが挙げられるのではないでしょうか。日本では、高齢化に伴い、労働人口の減少が急速に進んでいることから、経済への影響が心配されていることはご存知でしょう。しかし、高齢者に期待することもできない上に、外国人の労働者を多く受け入れたとしても、不足している人材を完全に補うことは不可能であると考えられているようです。そこで、注目されたのが、ホワイトカラー領域において、人手不足解消の期待のできるRPA導入が多く見られるようになったのではないでしょうか。ROIと呼ばれる「投資利益率」の高さなども、RPA導入の背景としては注目される理由の一つとなっているのではないでしょうか。それに加え、開発コストが安価なことや、人の行っていた作業を「そっくり」自動化することが可能なため、作業時間さえ割り出すことが出来れば、費用対効果の算出も速攻で叶うというメリットまでも挙げられるでしょう。これからは、AI技術の発展も期待されており、RPAとAI技術のコラボレーションなども見られるようになるでしょう。RPAとAIの技術を併用し、駆使することにより、更に複雑な業務さえも自動化が可能になっていくのではないでしょうか。

働きすぎの解消

現代では、労働時間の超過というものが非常に問題になっている世の中と言えるでしょう。そのため、働き方そのものが見直されていると言っても過言ではないでしょう。こう言った問題を根本から覆していけるとするものとしてRPAを導入するという動きが見られているのではないでしょうか。今までのソフトウェアシステムというのは、スプレットシートの入力や、編集と言ったそれぞれの業務に焦点を当てて、複雑に構造された情報を対象にデータを処理するものがほとんどだったのではないでしょうか。RPAというのは、ディスプレイに表示されている図形や文字と言った、いわゆる「非構造化」と言われる情報でさえも対象とすることのできるもののようで、あらゆる業務に対して、比較的簡単かつ迅速な処理を行うことができるものであると言えるでしょう。使い方によっては、実に多くの業務に応用することができるため、導入の際には広い視野での導入を検討すると良いのではないでしょうか。また、今までのソフトウェアシステムの開発には、専門的な知識を必要とするプログラミングが必要不可欠と言えましたが、RPAロボットの場合、それほどIT関係に詳しくないというスタッフであっても開発可能というのも、導入しやすい点であると言えるでしょう。このことから、開発するまでの期間や、開発費用などを大幅に抑えることができることもメリットと言えるでしょう。しかし、担当するスタッフが実際に使用する際に問題なく使いこなせるのかどうかという点については、会社ごとにしっかりとした対応、研修をしておかなければならないのではないでしょうか。オフィスソフトウェアや、社内基幹システムの操作などを、自動化したりと言った作業を行ってもらうためには、定義付けされルールを用意しておかなければならないでしょう。しかし、それさえできていれば、判断が必要となるシステム操作であっても、条件分岐による処理の自動化が可能になるため、今まで使用していたソフトウェアシステムの変更という手間もなく、多くの業務に対応できるものであると言えるでしょう。単純作業やルーティンをRPA導入することで、より複雑な判断や、情報処理能力を必要とする業務に人員を配置できるという点においても、大きく働き方の改革につながっていると言えるのではないでしょうか。RPAの普及というのは、企業の効率化にも十分メリットがあると考えられ流のではないでしょうか。

海外大手IT企業と日本企業との格差

多くの日本企業では、画像認識コンテストでの劇的勝利をどうやらそれを知らなかったと思えてなりません。そのためか、「ディープラーニング」を強調した営業活動をしても、ほとんど相手にされることはありませんでした。コンテストの結果はネットでも話題になったのですから、誰でも知ることができたはずなのに、どうして誰も見に行かないのか。日本企業はずいぶんチャンスを取り逃していると感ぜざるを得ません。それに対し、米国の大手IT企業は動きがいつも早い、と思わざるを得ません。ヒントンの論文に限らず、面白い論文が出た瞬間、「これって、すごくいいよね、面白いよね」ということで、すぐに研究に取り入れてしまうようです。そして、儲かる部分をしっかりと突き止め、そこに資本を集中投下する。その中で基礎研究がもちろん大事だと思えば、すぐに先行している企業の買収に取りかかります。AI関係でいえば、2006年には生体認証の企業を、2011年には顔認識ソフトウェアの企業を買収しています。ヒントン教授が2012年に設立した企業も2013年に、そして翌2014年にはアルファ碁で有名なイギリスのAI企業も買収しているのです。早くからディープラーニング分野で疾走し、その技術を使い尽くしてきたその大手IT企業が「ディープラーニングは、もう枯れた技術」と言うのも納得できます。掘り尽くした感があるでしょう。その大手IT企業の社内においては、それくらい早くサイクルを回しています。残念ながら、それに比べると、日本企業は枯れた技術どころか、「AIは最先端だから、よくわからない」といった話をするケースも多く、大きなギャップを感じてしまいます。「なぜ日本企業はこんなにも勉強しないのだろうか?」というのが、謎です。

信頼性と検索結果

検索エンジンの上位に表示されることは、多くの集客を集めるだけではなく、皆さんの運営されるウェブサイトへの信頼感も高めてくれているようです。検索結果の上位に表示されることで、たくさんのユーザーたちが、皆さんのサイト城を訪れるかもしれませんが、そこには上位に表示されることで、信頼感が置けるという形で、訪問数を増やしてもいるようです。逆に検索エンジンで上位に表示されない Web サイトなどに関しては、信頼感が薄いのではないかなどといったような、信頼度の低さを示すユーザー達は少なくないようです。検索エンジンの上位に表示されることによって、皆さんの Web サイトのコンテンツ内容の価値などが、左右されてくるのですが、そこには信頼感もともなっているといったような付加価値もあるようです。WEBサイトの信頼性は、何よりも多くの集客をもたらす要素でもありますので、その重要性をきちんと把握した上での運営を行っていきたいものです。