人手不足の背景

アメリカやヨーロッパなどの諸外国では、今までBPOの対象であったような業務などを中心としてRPAが普及してきたようです。BPOというのは、業務のプロセス自体を、その道の専門企業などに外部委託してしまうことを指しているようです。しかし、外注先の人件費を管理することはできない他、最悪なことに、高騰してしまったことにより、BPOの一番のメリットとも言われていた「コスト削減」という効果が得られなくなってきたことが導入の背景にはあるのではないでしょうか。また、人の仕事に対して、サポーター的な存在として代行してくれると言われる「bot」というように、業務の自動化や、プログラミングの効率化など、RPAの前身とも言えるようなソフトウェアロボットなどが頻繁に見られるようになっていたという時代背景も後押しになったと言えるでしょう。RPAがもっとも注目されている要因の1つとして、ズバリ「人手不足」というものが挙げられるのではないでしょうか。日本では、高齢化に伴い、労働人口の減少が急速に進んでいることから、経済への影響が心配されていることはご存知でしょう。しかし、高齢者に期待することもできない上に、外国人の労働者を多く受け入れたとしても、不足している人材を完全に補うことは不可能であると考えられているようです。そこで、注目されたのが、ホワイトカラー領域において、人手不足解消の期待のできるRPA導入が多く見られるようになったのではないでしょうか。ROIと呼ばれる「投資利益率」の高さなども、RPA導入の背景としては注目される理由の一つとなっているのではないでしょうか。それに加え、開発コストが安価なことや、人の行っていた作業を「そっくり」自動化することが可能なため、作業時間さえ割り出すことが出来れば、費用対効果の算出も速攻で叶うというメリットまでも挙げられるでしょう。これからは、AI技術の発展も期待されており、RPAとAI技術のコラボレーションなども見られるようになるでしょう。RPAとAIの技術を併用し、駆使することにより、更に複雑な業務さえも自動化が可能になっていくのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>