URLを正規化する

過去のSEOでは、質の悪いページであっても、より多くのページで構成されているサイトが検索結果の上位に上がるといったこともあったようですが、現在ではそのようなことはなく、検索エンジンが巡回したうえで、重複コンテンツなどで構成されるページはインデックスから消されてしまうといったケースもあるようです。しかし、ページを更新していくごとに、類似コンテンツというのは知らず知らずのうちに増えていくものとも言えるでしょう。一体どのようなパターンが重複コンテンツとして違反扱いされてしまうのか、把握しておくことも重要なSEO対策と言えるでしょう。例を挙げるとすれば、URLの先頭にある<www.>や、URLの末尾にある<index.html>といったものの有無などにより、そのURLが正規化されているかどうかによっても評価が変わってくると言えるでしょう。そのため、正規化されていない場合、意図しない重複が発生してしまうというパターンが挙げられるでしょう。URLは正しく正規化を行い、重複コンテンツとしてみなされないよう気を付けていくべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>