改善と修正を続けていく

検索キーワードを決めて、webサイトを最適化するのは、一回の作業で終わるものではありません。SEOでも改善と修正は必要な作業です。
対策を行った検索キーワードで調べたときに、あなたのwebサイトが何位に表示されているのかという確認はもちろんのこと、上位表示したことによっ て、商品の販売数は増えたのか、顧客は増えたのか、問い合わせ件数は増えたのかといったことも確認しましょう。

もし、あなたのwebサイトが検索結果で1千回以上、表示されているのに、クリックされた数が10回だとしたら、検索している人にとって、あなたのwebページが「見たい」と思えるものではない、求めているものではないと認識されている可能性があります。
その大きな要因がwebページのタイトルや説明文です。webページのタイトルが魅力的ではない、検索している人にとって「自分とは関係ない」と思われてしまうと、どれだけ検索結果に表示されていても、webページを見には来てくれません。
そうなるとせっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことになるので、ページタイトルやページの説明文の手直しを行うことが必要になります。
あるいは、検索している人の検索意図と、表示されているwebページが合っていない可能性もあります。
場合によっては、選んだ検索キーワードそのものを修正した方がよいかもしれませんし、ほかの検索キーワードを追加していった方がよいかもしれません。
このような改善をしていくためにも、検索結果で、あなたのwebサイトがどれくらい表示されているのか、そして、どれくらい選ばれているのか(クリックされているのか)を把握する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>