客観的にチェックしてみよう

様々なテクニックを使って、これでバッチリキーワードを検索エンジンに伝えられた、と思っていても、実際はあまり効果的に配置されていないこともあります。そこで、記事を投稿したら、その記事がどのようなキーワードで強調されているのか、客観的に確認する必要があります。
特に確認したいのが、キーワードの出現頻度です。一般的に、上位表示させたいキーワードの出現頻度は5%にするのが上位表示に効果的とされています。ただ、キ ーワードによって異なるので、ここは試行錯誤をしながら、自分のブログにあった割合を自分で探すしかありません。
ここで注意したいのが、いくら検索エンジンにキーワードを伝えたいからといって、キーワ ー ドの出現頻度が高ければいいとは限らないということです。
例えば、以下のように、タイトルに何度も同じキー ワードを使った
り、箇条書きにしたりして、記事の前半部分にも何度も使えば、上位
表示するので しょうか?

・タイトル

アフィリエイト、アフィリエイト、アフィリエイト

・本文

アフィリエイト、アフィリエイト

・アフィリエイト

・アフィリエイト

・アフィリエイト

極端な例ですが、もちろん、このようなブログは上位表示されません。上記のように過度にキーワードを使っている場合は、逆にスパムとして認定されて、上位表示しなくなるだけではなく、最悪、検索結果に出なくなることもあります。
したがって、キーワードの出現頻度が高くなりすぎることにも注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>