キーワードのノイズという考え方

キーワードが同じであっても、何を探すかという目的は一様とは限りません。「看板」というキーワードであれば、「看板を注文したいんだけど、どこかいいところはないか」という検索もあるでしょうし、「日本の看板の歴史を調べたい」という検索もあるでしょう。前者であればホームページに来て注文をくれるかもしれませんが、後者の場合は注文にはまず結びつかないで喝しよう。この後者のような、目盟主金主主い検索をそのキーワードのノイズと考えます。

一般的に、このノイズを減らすようにキーワードを選ぶと、検索回数は減りますがSEO対策の難易度は下がります。この例でいうと、「看板制作」といったキーワードにすると後者のようなノイズを減らせるでしょう。

もうひとつ大事なことは、前者の「看板を注文したい」という検索や「看板制作」というキーワードにもノイズが含まれる場合があることです。もし日本全国にさまざまな種類の看板を提供している会社であれば、「看板」や「看板制作」を選ぶとよいでしょう。しかし、もし商品をお届けできる先がたとえば札幌市内だけであれば、ほとんどの検索はノイズになります。このような場合は「看板札幌」のように地名を入れてノイズを減らしましょう。Googleキーワードツールで調べると「看板札幌」の月間の検索回数は880回と少なくなりますが、SEO対策の難易度もぐっと下がり、成果が出やすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>