Monthly Archives: 

2月 2017

共通のメニュー

SEO内部対策では、フッタ メニュー と同様、全 ページに共通のメニューを入れまし ょう。めんどうな作 業ですが、お客様 にとって使利な機能で‘ あり 、SEO対策としても有効ですので、ぜひ やっておきたいところです。
ページのサイドや上部にある「メニュー」は、サイ トを訪れたお客様がもっとも使う
部分です。そのサイトのカテゴリ、コンテンツに素早くたどり着くためのもので、お客様の利便性を高める(ユーザビリティがよくなる)効果があります。それと同時に、「リンクを張る」ということで、SEO対策の効果もあります。そのため、画像ではなく、テキストのリンクにするのが理想です。
SEO対策においては、「メ ニュー」部分で効果をあげながら、かつペナルティ!こも
注意しなければなりません。特に、項目にキーワー ドを「詰め込みすぎ」と判断され るとペナルティ lこなってしまいますので、バランス、近接度合いを考えてキー ワードを配置してください。

無料ブ ログ

発リンク数の調整は総数が100 本まで、そのうちの60% 以上をサイト内の
ページへ リンクするのが理想的ですが、この条件を無料ブ ログで達成しようと
するとなかなか難しいものがあります。 無料ブログは、個人で使用するためのID とパス ワード が用意されているので、個人のページと勘違いされがちですが、実態は、すべて同じドメインで表示されるページであり、巨大なブログサービス内の1ページとしてカウン卜されています。つまり、同じブログサ ービスへ送った リンクは、すべて 「内部リ
ンク」としてカウン卜されるのです。同じブログサービスとつながるリンクはすべて内部リンクなのです。無料ブログで発リンクの本数を 1 00 本以内に抑えることがいかに難しいかがよくわかります。
無料ブログの場合、充実した記事ページの数が増えていけば、 発リンクの数を調整して おけば、 トップペ ージから外部ページへ送るリンクのパワーは充分にSEO対策として利用できるのです。 無料ブ口グの場合、サイドバーに表示する「カレンダー」や「アーカイブ」など、実用性の低いブ口グやパーツは非表示にしておきま しょう。ブログの使用
目的に合致した、最低限のブログパ ーツのみ表示するようにしてください。さらに、 コメントの書き込みなどの表示も、可能であれば制限を付けておくとい いでしょう。内部リンクの本数を60 本以上100 本未満にしておけば、わずかに使える残りの本数を外部リンクとして使用できます。

格安SEO対策なら東京SEOメーカーがおすすめです。

内部構造の検証

内部構造を検証して上位表示できない原因を分析しましょう。
Webページの内部構造に不備があると、外部からのSEO対策の効果を著しく低下させます。真っ先にチェックしたい要素です。
外部サイトから強力なリンクをもらっても、 Webサイトの内部構造がSEO対策的に適していないと効果を発揮しません。特に、外部サイトからのリンクに含まれたアンカ ーテキス卜 は、 HTML内部に記述されたキーワードに反応して相乗的な効果を生み出しま す。まずはもっとも重要なtitleタグに含まれているキ ーワードを見直してみま しょう。
テキス卜の先頭に正しいキーワードが入っているか確認してください。また、titl eタグは32 文字までのテキス 卜を入力できますが、重要なキーワード を先頭に記述した後、もう 1回同じキー ワードを使い、 32 文字の中に同じキーワ ー ドを 2つ記述して みるのも有効な改善方法です。

格安SEO対策の東京SEOメーカー