キーワード対策のペナルティー

アクセスアップのために、できるだけ多くのキーワードで検索できるようにしたいと思うのは当然でしょう 。しかし、ページ内でキーワード をあまりにも使いすぎるとペナルティーの要因になります。単一キーワードの埋め込みすぎでも、キーワードの種類を使いすぎてもペナルティーの対象になります。特に注意しなければいけないのが、 「キーワード乱発」と 「隠しテキス卜 」です。

キーワード乱発
タグのキーワード属性内にサイトとは関係が薄いキーワードやまったく無関係なキーワードを大量に盛り込んでしまうこと。

隠しテキスト
背景色白のページに白文字を使って膨大なキーワードを埋め込み、クローラは認識できるがユーザーには見えないようにする行為などを行なうこと。他には、少しだけウェブの知識が必要ですが、「クローキング」と呼ばれるリダイレクトもご法度です。クローキングとは、検索エンジンのクローラにはキーワード盛りたくさんの HTML ページを、一般ユーザーには Flash ページ、を表示するなど、クローラ向けと一般向けのページを自動で振り分ける方法です。クローキング、は、ユーザーの欲しい情報とは関係のないページに誘導する、迷惑な行為ということになります。